シミと肝斑の見分け方

「肝斑は普通のシミとは違います」と言われて、「そうだったのね!」と納得出来たとしても、自分の顔にあるシミが果たして肝斑なのかそうではないのか、それがわからないでは対策のしようもありませんよね。

 

素人ではかなり見分けが難しく、思い込みや自己判断は危険だと言われる肝斑ですが、一通りの目安くらいは自分でも知っておきたいものです。

 

・肝斑の形状

見分けるための基礎知識として、肝斑の出方の特徴を知っておきましょう。

 

一般的には、両目の下、頬骨のあたりに左右対象に出たり、額に出たり、鼻の下や口の周りに出たりすることが多いようです。ただ、絶対に対象に出るとは決まっていませんので、非対称だから肝斑ではないと結論付けるのはちょっと危険ですね。

 

・肝斑の輪郭

シミというのはものによってはかなりハッキリと輪郭があって、大きくても小さくても周りの肌の色とは全然違う色で形が浮かび上がっていることが多いですよね。

 

でも、肝斑の場合はもっとモヤモヤとしていて、全体的にハッキリしない状態で広い範囲に現れることが多いです。急に色黒になったかのように見えますね。

 

・目の周りには出来ない

これも肝斑の不思議な特徴の一つですが、目の周りには肝斑は出ることがありません。

 

額と頬とに左右とも広範囲に現れた場合は、両目だけが白く色が抜け落ちたように見えることになります。ちょうどゴーグルをかけたまま日焼けした後のような状態ですね。

 

・年代が比較的狭い範囲に集中

肝斑が一番多いのが30代40代。そして50代後半を過ぎるころにはどんどん減って、60代で発症することはありません。年齢を重ねるとどんどん増える老人性色素斑とは対照的に、だんだん消えて無くなる傾向にあります。

 

・とても良く似た別のシミも

肝斑には似た症状のシミもあり、専門医でも見分けるのが困難な場合が少なくありません。

 

特に「後天性真皮メラノサイト―シス(ADM)」というシミは左右対称に青っぽい色素斑が出来るもので、肝斑の薬を飲んでも治せないと言って病院へ来る人も多いと言います。