できてしまった肝斑を消す方法はある?

なかなか治療の糸口が見つけられなかった肝斑。でも医療やメーカーの絶え間ない努力が、現在の肝斑治療を生み出す結果となりました。今は肝斑は消すことが出来る時代。

 

肝斑を消す方法について調べてみましょう。

 

・基本は内服薬から

肝斑には皮膚の専門家も手を付けられないと言われていた時代から、今は積極的な治療を行える時代へと変わりました。その治療法は、基本は有効な薬の内服です。

 

他にもピーリングやビタミンCのイオン導入などを併用することが多いですが、まず最初は「トラネキサ厶酸」の服用から始まるのが基本でしょう。

 

トラネキサム酸は作られたメラニンが肌の細胞へ取り込まれることを阻害する作用を持ちます。
このことで、肌の下で新しく生まれる細胞がキレイな状態へと変化するのです。

 

・複合している場合は注意

現れているのが肝斑のみという人は少なく、ほとんどの場合は他のシミと混ざっています。

 

肝斑を見落として他のシミのレーザー治療などを行ってしまうと、肝斑だけが更に悪化して濃くなってしまうという事態になってしまいます。シミの中に肝斑が含まれる場合、まず最初は肝斑の治療を行って、肝斑に影響が無くなった時点で他のシミの治療に移る必要があります。

 

正しい判断が行われないと、取り返しのつかない状況になってしまうでしょう。

 

・トラネキサム酸導入も

最近では、内服薬での治療しか効果がないと言われていた肝斑にも、トラネキサム酸のイオン導入という方法で肌の外部から直接成分を送り込む技術が開発されています。

 

トラネキサム酸は飲んでもほとんど副作用の無い安全性の高い薬ではありますが、体質的に飲めない人もいますし、どうしても薬は避けたい人もいますので、新たな治療法として人気を集め始めています。イオン導入する場合、ビタミンCなども送り込んで色素の還元作用を高めたり、ピーリングを行って肌のターンオーバーを加速させたりすることで、結果を早く出すことが出来ます。

 

技術の併用が効果の決め手と言えるでしょう。