トラネキサム酸のイオン導入

美容皮膚科や美容クリニックでは、肌のためにトラネキサム酸をイオン導入するトリートメントプログラムなどを設けているところもあります。

 

ビタミンのイオン導入などはすでにかなり知られる存在となりましたし、家庭用の機器も発売されるようになっていますが、トラネキサム酸もそうした施術が少しずつ始まっているのですね。

 

どういった症状に効果があるのか、ちょっと調べてみましょう。

 

・肌の悩みが一気に解決

美肌対策と肌荒れ対策が一度に出来るようなトリートメントプログラムもあります。

 

確かにトラネキサム酸の作用を考えれば、メラニンの取り込み阻害、炎症の治療や抑制、湿疹や赤味の改善などなど、肌の悩みをかなり幅広く解消してくれる効果が期待出来ます。

 

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているために、常に肌の内部が小さな炎症を起こしているゆらぎ肌になっていることが多いですよね。まずは炎症を抑えて肌がリカバリーする時間を作り、赤味や色素沈着を抑制するには最適な施術と言えるでしょう。

 

・内服薬と併用

美容クリニックも病院ですから、内服薬を処方してまず肌の状態の改善をして、効果が出たところでイオン導入に移行するというステップを踏むことが多いようです。

 

もちろん、内服薬の時点で改善効果が見られないならいくらイオン導入しても結果は得られませんので、他の治療法を検討することになるでしょう。ただ、どうしても体質的にトラネキサム酸を内服出来ない人にとっては、イオン導入という新しい方法は非常に有効な手段です。

 

・効果のある症状

老人性色素斑や、はだのくすみ、肝斑、ニキビ痕の治療、湿疹などの炎症が起きた後に起こる色素沈着、日焼けによる肌ダメージのケアなど効果が期待出来る症状は多岐に渡ります。

 

ちなみに老人性色素斑という名称ですが、これが一般的なシミですので、当然20代前半でも肌に出てくる場合があります。名称的にはちょっとショックですが、早め早めに改善したいですね。