ハイドロキノンが肝斑に有効?

ハイドロキノンは肌を漂白するという意味では現在のところ最強の成分と言われています。

 

そうした意味では肝斑に限らず通常のシミに対しても効果を発揮しますので、ハイドロキノン配合の美白化粧品を使用すれば自宅でも肝斑対策が可能かもしれません。

 

・ハイドロキノンとは

肌を漂白する成分で、現在肌に現れている色素沈着にも効果を発揮する成分です。

 

メカニズムはメラニンを作る時に必要なチロシナーゼという酵素の働きを止めることでメラニン自体を作らせないという美白法で、特にこのチロシナーゼに対する効果が他の一般的な美白成分の100倍とも言われる強力な成分です。

 

もともとは酸素や光ですぐに劣化してしまい、劣化した状態で肌に使うと大変な劇薬になってしまう成分だったために長らく一般には封印されていたのですが、安定型の開発に成功し、2001年の薬事法改正からは一般的にも使えるようになりました。

 

・出来てしまった肝斑に効果

とにかく肌にあるメラニン色素を追い出す成分なので、使い続けることで肝斑を薄くすることが出来ます。ただし、肝斑が出来る直接の原因になんらかアプローチするものではありませんので、肝斑の原因が無くならない限りは完全に肝斑から開放されるというわけにはいかないでしょう。

 

そうした意味では医療で言えば対症療法に近いかもしれませんね。
でも私たちは目に見えて結果が欲しいわけですから、一番手っ取り早い方法とも言えます。

 

・トラネキサム酸との併用も

病院でも同じような組み合わせで治療が行われると思いますが、トラネキサム酸の内服とハイドロキノン配合の化粧品の併用は早く効果を表す可能性が高いでしょう。

 

中からも外からも徹底的に肝斑を追い出すという積極的な方法になります。

 

・ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの含有量にもよりますが、化粧品によっては白斑の問題が起こらないとは限りません。その他にもかぶれたり、赤味や肌荒れ、アレルギー症状なども報告されていますので、自分に合うかどうかはしっかり検討が必要です。

 

ハイドロキノン配合のクリームを探す

ハイドロキノン配合クリーム通販[効果・副作用・使い方]