トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸はさまざまな作用を持つ成分です。

 

でも作用があれば副作用もありますので、使用する際には知っておきたいですね。成分の配合量によってもかなり差がありますし、医薬品なのか医薬部外品なのかによってももちろん違います。

 

基本的にはそれぞれの使用法を守って、何かあればすぐに医師に相談するようにしてください。

 

・主な副作用

トラネキサム酸は、比較的副作用が少ない薬として知られています。
注意が必要なのは主に内服薬で、皮膚に過敏症状が出る場合があります。

 

具体的には、発疹が出来たり、赤味やかゆみが出たり、発熱したりする症状で、こうした異常があればすぐに服用を止めて医師に相談して下さい。

 

また、胸焼けが起きたり、食欲不振が起きたりするケースも報告があります。吐き気がしたり下痢がしたりといった内臓系の不具合が出ることもあるので、異常を感じたら服用はすぐに止めましょう。どれも深刻で重い症状ではありませんが、注意が必要です。

 

・自己判断で使ってはいけない人

医師の判断が必要となるのが、血栓症やその疑いのある人です。

 

血栓症というのは血液が凝固しやすい障害で、血栓が出来ると脳梗塞や心筋梗塞の危険が高くなるため判断は慎重に行われる必要があります。

 

本人に自覚症状が無くても、血縁にそうした病気を持っている人がいる場合にも慎重になるべきとされていますので、安易な自己判断は危険です。

 

もともと血栓を作りやすくして出血を止めるための成分なのですから、もともと血栓が出来やすい体質の人にとっては危険性が増してしまうのです。

 

・化粧品などは比較的安全

最近では化粧品に誘導体の形で配合されていたり、歯磨き粉に配合されていたりすることも多い成分です。内服薬のように濃い成分をダイレクトに体内に摂り込むものではなく、肌の外部から使用したりするものであれば、さほど神経質になるような怖い副作用は無いでしょう。

 

皮膚から浸透させる程度で重篤な副作用が出たというケースは無いようです。