トラネキサム酸の効果が凄い!

トラネキサム酸はシミや色素沈着や肝斑を改善するための効果が医薬品として認められているシミの飲み薬です。

 

トラネキサム酸は長らく医療現場で使われて来た医薬品の成分ですが、美容の面に注目した時にどのような効果を得ることが出来るのでしょうか。さまざまな作用を持つ成分ですから、正しい知識でうまく活用したいですね。

 

 

・シミの治療効果

もともと出血を止める効能のあった成分に、シミの改善効果があることがわかったのが1979年のことです。薬の世界で言えば、つい最近のことですね。

 

成分の含有量によって治療目的の医薬品として使われたり、誘導体として化粧品に配合されたりしていますが、使い続けることで徐々に肌に沈着したシミを薄くする効果が認められています。

 

・メラニン生成の抑制効果

肌の中にはシミのもとのメラニンを作り出すメラノサイトという細胞がありますが、メラノサイトからの発信によってその周りにある肌の細胞がメラニンを作り出す仕組みになっています。

 

トラネキサム酸は、メラノサイトから発信されるシミを発生させる「プロスタグランジン」という物質が周りの細胞に伝わるのをブロックすることで、肌細胞にメラニンを作り出す指示を与えないようにはたらきます。

 

このことであらたにメラニンが作り出されなくなり、シミを抑制する効果があります。

 

・肝斑の治療効果

外部刺激が無くても常にメラノサイトが活性化してしまうことで、肝斑が現れると考えられていますが、トラネキサム酸の抗プラスミン作用がこのメラノサイトの活性化を抑制すると考えられています。他の美白化粧品では治す事ができない肝斑に効果があるのは大きなポイントです。

 

常にシミを作り出す環境を抑え、シミが出来る前の段階から予防するので、肌がターンオーバーを繰り返すうちに徐々に肌が本来の白さに戻って行くという効果があります。

 

・肌の炎症を抑える効果

もともと皮膚炎の抑制効果があり、口内炎の治療にもトラネキサム酸が作用することがわかっています。肌に発疹が出来たり赤味やかゆみがある時にも炎症を抑える効果が期待出来ます。

 

プラスミンがアレルギーを起こす反応を抑えることが出来るので、アレルギー症状も抑制する効果があります。

 

トラネキサム酸が効果を発揮する主な症状

シミ・そばかす、肝斑、色素沈着したニキビ跡、火傷の跡など
(※肝斑を消したいならトラネキサム酸の内服が必須)

 

 

 

↓トラネキサム酸が買える通販サイト

 

トラネキサム酸の使い方は?

 

美容のためにトラネキサム酸を使う場合の使い方についてまとめてみましょう。
効果が期待出来る方法についても知りたいですね。

 

 

・シミ(老人性色素斑)に対する使い方

女性が嫌がるいわゆるシミというのが老人性色素斑です。

 

紫外線やこすれなど、外部刺激によってメラノサイトが活性化し、常にメラニンが生成されて色素沈着が起こってしまうものです。こうしたシミの予防や改善に関しては、1日750〜2,000mgを3〜4回に分けて飲むのが基本的な使い方です。

 

シミの濃さなどの症状により飲む量を増やしたり減らしたり増減して使ってください。ビタミン類と併用する事でより効果が上がります。

 

・肝斑に対する使い方

トラネキサム酸が有効性を発揮するものに肝斑がありますが、こちらは現在のところ内服する方法でのみ効果があると認められています。化粧品などのように肌の外部から使用する方法ではありませんので、服用にはきちんと用法用量を理解してからにしましょう。

 

基本的には、肝斑で無い人がトラネキサム酸を内服しても、悪い影響が出るというような報告はないようです。女性ホルモンの分泌に影響を与えるような作用も持っていませんので、必要以上に怖がることはありませんが、使用法はきちんと守って下さい。

 

・他の成分と組み合わせる使い方

シミを薄くするには、ビタミンCなどの還元作用を持つ成分と組み合わせるとさらに有効です。

 

トラネキサム酸はメラニンを作り出す大元のメカニズムに作用するので、今現在肌に現れている色素を早く追い出すには、ターンオーバーを加速させる作用を持つ成分が相性の良い成分です。

 

トラネキサム酸を使ったシミ軽減効果は2段階に分かれていて、今あるメラニンが剥がれ落ちることと、新しいメラニンが減った細胞が作られることとが合致することで初めて効果が現れます。

 

トラネキサム酸頼みではなく、プラスαの美白ケアも考えて使ってみましょう。

 

↓トラネキサム酸が買える通販サイト

 

トラネキサム酸の安全性は?

 

トラネキサム酸は、医療現場でも美容の面でも用途がとても広いにも関わらず、ほとんど副作用が無いという非常に安全性の高い成分です。

 

美白効果にしても肝斑治療にしても、メラニンに働きかけるものはちょっと不安な面がありますよね。トラネキサム酸はその安全性から、現在では美容クリニックなどでも最先端の美白治療として導入されているのです。

 

 

・肝斑に効く、でもホルモンには影響ナシ

肝斑の原因はあまりハッキリと解明されていません。でも経口避妊薬を使用していた人や更年期に差し掛かる女性に多く発症する事から、女性ホルモンの影響は確実にあると推測されています。

 

肝斑治療はレーザー治療などの従来のシミ治療では悪化してしまうため、なかなか専門医も手が出しにくい症状だったのですが、トラネキサム酸がその効果を確かなものにしたことにより、一気に治療の手段が倍増したのは記憶に新しいことです。

 

肝斑の治療というとどうしても女性ホルモンへの影響が懸念される内服薬が検討されていたのですが、トラネキサム酸は女性ホルモンへは一切関与しないと言われています。

 

これがかなり画期的なことなのですね。

 

少し前までは内服しか効果がなかったところ、最近ではイオン導入も高い効果を上げるようになり、体質的に薬が飲めない人にも治療が可能となったことは大きな成果です。

 

・白斑問題は起きない

従来の美白作用のように、チロシナーゼという酵素の働きを阻害することでメラニン生成自体を止めてしまう方法ではなく、トラネキサム酸は作られたメラニンが細胞組織に取り込まれる過程を阻害するのではないかと最新の研究では言われています。

 

メラニン生成が抑制されると肌の色が抜け落ちるような白斑問題が起こる可能性が拭えませんが、そこには関与しないためにトラネキサム酸では白斑問題は起こらないと言われています。

 

・妊娠中、授乳中でも影響の無い成分

トラネキサム酸は炎症を抑える作用があるためにのど薬などにも配合されていますが、こうしたものには妊娠中でも授乳中でも飲めるものも少なくありません。

 

それだけ安全性の高い成分と言えるでしょう。

 

トラネキサム酸は早ければ1ヵ月くらいで効果を実感できるようです。
肝斑や濃いシミにお悩みの方は是非利用してみてください。

 

以下のトラネキサム酸が通販で購入できます。

トランサミン250mg(100錠)
トランサミン500mg(100錠)
トランシーノジェネリック250mg(500錠)

 

↓トラネキサム酸が買える通販サイト